第9回再築大賞 受賞発表

第9回再築大賞受賞発表が一般社団法人全国古民家再生協会 全国会員大会内で執り行われました。
受賞作品は以下の通りです。

施工:サンカクスケールLLP  [埼玉県川口市]
ならのきの家 築175年の住まい再⽣物語

《受賞理由》
大梁のあらわしでの活用や大工造作により外観・内装は再築前の趣を残しつつ、基礎を作り直すことで耐震性に配慮している。
現代の住まい方にあわせて減築し、冬も暖かに過ごせるよう環境を整えていることからも、築175年の古民家を長く住み継いでいこうというコンセプトが伝わってくる良い取り組みと感じる。

『ならのきの家』は江⼾末期に建てられた、住まい。 当時から屋号として『ならのきさん』と呼ばれていた事から、設計中・⼯事中からこの住まいの愛称として呼んできました。 敷地内にはこの建物とは別に築20年ほどの⺠家があり、ご家族は20年前よりそちらで暮らされ、『ならのきの家』は⾵を通しながらも時々⼦供たちが遊ぶ場であったり、施主さんのお仕事でもある園芸の活動の場として利⽤されていたそうです。 「この家を残して欲しい」 今は亡きお⽗様の遺⾔により、茅葺にコロニアルを載せたままひっそりと佇んでいた建物。 5年ほど活⽤⽅法を探ってきていましたが、⼟間部分をカフェやイベントなどでの利⽤も可能とし、最終的には離れでの暮らしからご家族で⺟屋に戻る⽅向性で設計⽅針も決まりました。

古い建物の良さを残し、耐震性と温熱環境を整え現代でも暮らしやすくというコンセプトの元、基本的には元の佇まいを活かし、古い建具なども利用していますが、住居部分にはアルミサッシやアルミ雨戸も使用しながら戸袋は大工造作で納めて、外観の趣きを残す工夫をしています。 また構造材は一度解体し、洗いを掛け組み直し耐震性も担保できるよう、基礎などもやり変えました。

そのため「伝統構法だからこそ可能な、再生の方法を近隣の方にも知って欲しい」 施主ご家族の想いで地域の方を招いての昔ながらの上棟式も行い、大変好評でした。

『次の世代に住み継ぎたい』 施主の想いをカタチとし、 もう100年暮らしていける住まいとなりました。
《伝統構法/二階建て/延床面積257.19㎡》

施工:⼭本産業株式会社  [岐阜県本巣市]
⾃然乾燥100%のぎふの⽊の家

《受賞理由》
構造から内装まで地域産材をふんだんに活用することにより、施主の希望に応えるのみならず、林業・木材産業も含めて地域の家づくりを支える産業の活性化にもつながる、持続可能な建築だと思う。地域の雪深い気候にも配慮した設計となっており、将来の長きにわたり受け継がれていくことを期待したい。

「木の香りに包まれて、山小屋風の家で暮らしたい」というお施主様のリクエストで、岐阜の木をふんだんに使って天然乾燥100%の家を創りました。 構造材・仕様木材は岐阜県産ひのきと杉をメインにし、自社工場にて製材。さらに1年以上かけて天然乾燥させました。その木を熟練の大工が柱1本1本丹精込めて、手刻みで加工して建てています。

また、リビングの内装にも同じ岐阜県の天然乾燥材を使い、オリジナルのTVボードや木製建具も造作しています。天井も岐阜県産の材をパネルにしたものです。 親子代々受け継ぐことができる、ぬくもりにあふれた木の住まいができました。 柱・梁の構造材は、自社工場で1年以上自然乾燥させています。熟練大工が、柱や梁の材木を一本一本吟味し、手刻みで加工しています。(すべての木を加工するのに4ヶ月かけています。)建築業界の主流になっているプレカット加工・構造用合板に比べると建てたときの存在感が一味違います。

屋根を長持ちさせるために、瓦の下の野地板も無垢材です。この小屋裏を見ていただいた方が「もったいない!これをかくすのですか?!」と言ってくださいました。 雪の多い地域なので、玄関周りは庇(ひさし)を深くして、雨や雪の降る日も安心して出入りできるよう配慮しました。 玄関わきの南側にはウッドデッキをこしらえ、お茶を飲みながら日向ぼっこができます。まるでリゾート地のコテージに居るかのようなゆったりとした時間が過ごせます。

"ぎふの木"ばかりで造った家なので、家の中の色がスッキリ統一され、さわやかです。 毎日ひのきや杉の天然の良い香りに包まれながら生活しており、柱も壁もしっかりしていて、親子代々住める自慢の家です。 また、冬も暖かく、他の季節も何ともいえないぬくもりがあります。希望がかなってとても満足です。
《在来工法/平屋/延床面積153.41㎡》

施工:株式会社建築⼯房work・space  [鹿児島県日置市東市来町美山]
美⼭別荘

鹿児島県日置市東市来町にある美山は、400年以上前に朝鮮半島より伝わった薩摩焼の里として歴史のある町で、長い歴史と伝統を、新旧の住民が大切に守り続けている町です。空き家だった古民家を、購入して、穏やかに過ごせる別荘として、再築しました。

改修前古民家再生総合調査を行い、建物のコンディションを確認し、再築工事は、、屋根瓦の取替、外壁の補修、内部の模様替え、外壁面と床は断熱材を設置、古民家の持ち味の陰陽の美を生かす為、既存の障子や襖、ガラスや建具も再利用。更に窓やドアも鋼製建具を使わず、木製の建具を使用し木枠と建具の隙間を防ぐため、建具じゃくりを切込み、内装の仕上げは、珪藻土、漆喰、板壁、タイル、床板はうずくりの杉板、畳、などの自然素材。更に2坪弱の増築を行い、土間、ライブラリーを作り新たな空間と懐かしい居場所もできました。

環境に配慮した現代の暮らしに寄り添う古民家の再築が実現できたと思います。
《伝統構法/平屋/延床面積101.53㎡》

施工:積和建設近畿株式会社  [京都府綾部市]
北庭のある住まい

30代ご夫婦が結婚を機に叔父の空き家をリフォームして受け継ぐすまいです。
ご要望は「薪ストーブのあるすまいで自然のくらしを楽しみたい」というものでした。敷地は郊外の高台に位置しており、建物から見る南側には君尾山が望めます。また北側は山が近く、窓から見える緑の葉がこちら(南側)を向いており、光を反射して明るく美しいことにポテンシャルを感じました。これらを活かし、南側はもちろん北側の景色も取り込むことでどの場所からも緑を眺められるすまいを目指しました。
南庭はリビング・既存の和室から 北庭はダイニング・キッチン・寝室・浴室から薪ストーブは火と北庭が一緒に眺められるよう北側に配置してどこに居ても緑を眺めるすまいとなりました。
日射が気にならない北窓のカーテンと窓枠を無くし、ダイニング・キッチンから北庭をきれいに見せました。
ダイニングの窓は1枚引込み戸にし、ダイニングと北庭を一体化させました。
樹木の多い庭や建具はそのままに活かして、温かみのある塗り壁に触れ、薪ストーブで火を熾し、緑を眺めて自然のくらしを楽しめます。
《伝統構法/二階建て/延床面積156.23㎡》

施工:株式会社与組  [宮崎県宮崎市波島町]
STUBBORN HOUSE

元々は、経営する焼肉屋の宮崎の名店「しもふり亭」を拡大したいという相談から、コロナ禍で持ち帰りや通信販売のために焼肉のたれを販売、製造できる自宅兼工場を作ることから始まりました。タイトルの「STUBBORN」はその焼肉店のタレのブランド名。

工事に関しては知人や多数の工務店にも相談しながらも最終的には、施主様の考えや想いを全て受け止めてくれた弊社に全てを任せてくれました。
古材の選定では、県内を探しながらも全国のネットワークを利用し最終的には新潟県上越市の築170年の旧農家の空き家の古材を見つけ出し3度も確認し決定しました。
運送には大型トラック2台分を使い、古材を解体をしてくれた大工を宮崎まで招待して棟上げしました。

施主様は「リビングや玄関で黒光りする柱や梁が醸し出す重厚感は圧倒的で、優しくまるで昔からずっと見守られているよう。古材を特に多く見られるリビングは落ち着くので家族全員が自然とリビングに集まります。聞いていた通り古材の強さは素晴らしくて、押しピンは古材が硬くて刺さりません笑。将来の子供達にも残すことが出来る貴重な財産を作ることが出来ました」ととても嬉しそうに話してくれました。

ケヤキやマツの古材は樹齢が推定200年以上で貴重なものばかりで、なかなか新材で購入しようとしても高価で手に入りにくいと思います。
施主様がこれまでにコレクションしてきた蔵戸やアンティーク建具、家具などを利用し古材との調和した空間は、まるで現代アートの様な作品として完成しました。
古材は男性的で暗いイメージも女性にはある様ですが、空間や導線計画を上手く利用することで、アーティスティックかつサステイナブルな住宅作品が完成しました。
《在来工法/二階建て/延床面積172.71㎡》

施工:有限会社ササキ設計  [宮城県牡鹿郡女川町]
⼥川古⺠家移築再⽣の家

福島県奥会津の金山町にあった築160年程の古民家を解体し、女川町へ移築再生した住宅。

移築後の建物は、総予算の関係もあり移築前の規模から4割近く減築。間取りとしては玄関土間を広くとり、その左手西面エリアと上部2階には、建主奥様がコレクションしている絵本作家の直筆画を展示するスペースを設けました。
玄関ホールからリビングは梁の見える吹き抜けのあるパブリックスペースとし、その北側は対面式キッチンとダイニング、西側にはテラス、納戸だったスペースは勝手口や洗面脱衣、ユニットバス、トイレと水まわりをまとめました。
もともと家の中心であった仏壇や神棚を置いていた座敷、そして板の間は多目的スペースにして既存の板戸を再利用して仕切っています。床の間や出書院のあった和室は夫婦の寝室とし、隣室にウォークインクローゼットを兼ねた納戸も配置しました。黒光りするケヤキの大黒柱などの躯体の他にも板戸、クリの床板、大きな神棚など、可能な限り元の家の材を再利用しています。
《伝統構法/二階建て/延床面積182.79㎡》