築70年古⺠家リノベーション 別荘×サテライトオフィス プロジェクト

【 第8回古民家再築部門 】

築70年古⺠家リノベーション 別荘×サテライトオフィス プロジェクト

東京都心から90分、⼤⾃然の中で川の⾳を聞きながら仕事ができたらいいな…
そんな構想から始まった『古⺠家リノベーション 別荘×サテライトオフィス プロジェクト』

◎設計コンセプト
・築70年の重厚な梁組を活かす、古民家リノベーションならではの木組みの空間
・「HEAT20 G1」仕様を実現。多湿な夏季や、厳寒の冬季でも快適に過ごせる高気密・高断熱の室内
・3層スキップに、ロフトをプラスした4階層構造を見通せる、3次元的な奥行きのある空間構成
・約30人規模でもわいわい集まれる広く開放的で楽しい空間
・子供だけでなく大人も楽しい、走り回れる行き止まりのない設計
・川の⾳を聞き、⽊のぬくもりを感じながら仕事ができる、居⼼地のいいサテライトオフィス
・大自然を思う存分感じられるアウトドアライクな空間

細かく仕切られていた部屋を大広間として改修、古民家ならではの豪快な柱や梁組みを活かしつつ快適性を追求。
古民家だけど古民家らしくない、かと言って真新しくもない、生まれながらに深い味わいを持ち、
遊び心に溢れ、気を使わずに心行くまで楽しめて寛げる、そんな場所を作りました。

冬季の厳しい寒さ対策として吹付断熱や高断熱窓により高気密・高断熱化をはかり、「HEAT20 G1」仕様を実現。
夏季は川からの湿気に悩まされるため、24時間換気・除湿システムを導入することで湿気対策も行いました。

メインホールは本瓦葺きのゆったりした屋根勾配をそのままに、折り上げ勾配天井として現し、間接照明を仕込みました。
真っ白な壁に映える重厚な梁組みを美しく見せる上で、「照明計画」は最も検討を重ねた部分でした。
内装には、無垢の木、井草、鉄、セメント、石、など「本物」にこだわって素材を厳選し、洗練とくつろぎの空間を実現。
2階層のデッキテラス、もともとは2階建ての室内だった部分を大胆に外部空間として生まれ変わらせました。
上下をつなぐ地元「西川材」丸太柱を豪快に使用した螺旋階段。
中と外をゆるやかにつなぎ、大自然に向けて大きく開けた気持ちのいい空間となりました。
デッキテラスに架かる吊り橋の先には、もともと庭にあったキンモクセイの木を大切に活かしてツリーデッキを造作。
壮大な自然の中に違和感なく馴染みながらも、漆黒鎧貼りの外装が美しい木々の中で存在感を持つ、荘厳な佇まいを実現しました。

建設地埼玉県飯能市
構造在来工法
階数二階建て
延床面積105.1㎡
家族構成非公開

 

[thankyou]