古民家SAISEI

【 第1回 受賞作 】

古民家SAISEI

かやぶき屋根にトタン張り、最近ではめっきり少なくなった古民家住宅のフルリノベーション工事を行いました。
今まで手掛けてきたリノベーションのなかでも築250年に次いで2番目に古い築120年の古民家で、当初は建替えの予定でしたが、先祖代々受け継がれてきた建物への施主様の思い入れもあり、フルリノベーション工事をご提案し、採用いただきました。
伝統的な田の字の間取りに増築、増築を加え、74坪までに膨れ上がった建物を、本来の54坪の建物に減築し、構造躯体は若干の補修は施したのの大半を再利用し、不足分には古材を利用し
今まで小屋裏に隠れていた上下左右に曲がりくねった梁や先人たちの匠の技をあえてむき出しにする、吹き抜け天井にしたことで、解放感と伝統的な日本建築の良さがおりなす表情は
施主様の予想以上の仕上がりとなりました。

また、完成見学会を行いましたが、改めて古民家の良さ、古材の良さ、を実感され、古民家再生に共感されたお客様が多数いらっしゃいました。

今まで、施主様にとって悩みの種だった、1番日当たりの悪い場所にあったキッチンと居間をリノベーションすることで、建物中央付近へと間取り変更。、日当たりと通風を考慮し、間接的な明かりも1日中入る工夫を施しました。
既存の屋根がかやぶき屋根だったため、小屋組みの構造を変更し、現代的なデザインの外観へと生まれ変わりました。土台に関しては、腐食部分が多かったため、新たに注入材での施工を施し、
写真の通り、構造躯体に関しましては、ほとんどが状態も良く、再利用することができました。
壁材には、調湿、消臭、遠赤効果に優れている珪藻土を使用し、壁の色を白にしたことで、黒い梁とのコントラストは、古民家のイメージを再現し、これからも長く住んでいただくためにも30㎜厚の杉のフローリングを使用し、極力天然素材にこだわった建物に仕上がりました。

さらに吹き抜けのある大空間を、カバーするため薪ストーブを設置しました。

建設地福岡県みやま市瀬高町
構造伝統構法
階数平屋
延床面積179.58㎡
家族構成40代夫婦、お子様 3人
会社名

 

[thankyou]